婦人科でピルを使って生理を調整

生活をしていく上で、生理日がずらせたら良いのにと思っている女性も多いのではないでしょうか。大事な会社の仕事や、学校行事などいろんな事がありますが、生理だとそれだけで憂鬱ですし、自分の実力も発揮し難いものです。けれども生理日の調整にピルを使うことができるのはあまり知られていません。

婦人科でそもそもピルは処方してもらうものなのですが、病院によっては調整の相談が出来る事もあります。初めてピルを飲む人が生理日の調整をしていくのは少し難しい場合もあるのですが、何回か継続して飲んでいる場合にはシートの飲み方を変えるだけで生理日をずらしていく事ができます。

例えば早めたい場合には、生理日が来てから7日までに服用を始めていきます。シートの錠剤を最低でも7日分以上、できれば10日間以上は飲んだ上で中断すると、大体3~4日後ぐらいに生理がきますので、イベントが来る前までに生理日を早める事ができるのです。遅らせたい、または早める時期を過ぎてしまった場合には、生理予定日の5日前から服用を行ってイベント最終日前日にシートが終わるようにします。そして服用終了後3~4日後に生理が来るので遅らせることができるのです。

体調の上で言うと、早めた方がピルの副作用なども出にくいので、余裕を持って服用の相談を婦人科でしておくと良いでしょう。特にピルをあまり飲んだことがない人に関しては、服用の際に聞いておきたい事もあるでしょうから、まずは婦人科の受診をすると良いでしょう。生理を調整するというのは、言葉で聞いただけではイメージがしにくいものです。間違いのないようにイベントに挑むためには医師と相談をして間違いのないようにピルを服用しましょう。

ページトップへ