ピルは健康被害もなく生理を早めることも可能です

女性が使う避妊薬としても広く知られているピルは、近年では低用量タイプが解禁となったことを受け、以前よりも副作用が見られなくなり、健康被害のリスクもかなり低くなっていると話題となり、徐々にではありますが女性たちにも支持されるようになりつつあります。一昔前に使われていたピルは、中用量タイプでホルモン剤も多く含まれていたので、健康被害の報告も多く、怖い薬といったイメージを持たれる女性も少なくありませんでした。しかし低用量ピルは、どんどん改良が重ねられており、今最も新しいタイプでは、段階的にホルモン量が調整されるようになっており、より身体への負担がなく服用できる優しい処方になっています。また健康被害どころか、子宮内膜症の治療に用いられたり、無駄な排卵を繰り返すことを抑えてくれるので、子宮を酷使することがなく、婦人科疾患の予防にもなるという報告も上がっています。ピルには、様々な効能があるので、上手に利用すると、女性の日常生活は格段に質が向上することは間違いありません。生理周期を早めるために使用する場合もあり、最近は十代の女子でも、修学旅行や試験日に生理が当たってしまいそうになると、病院でピルを処方してもらい、生理を早める対策を取る親御さんもおり、確実に生理日をコントロールできるようになるので、快適な毎日を送れるようになります。生理予定日を早めるだけではなく、遅らせることももちろん可能ですが、その場合は、生理前の症状が長く続くことになり若干身体がつらくなってしまう方もいるようです。しかしピルを飲み続けると、生理周期が安定し、生理時の出血量が減少し、生理痛も緩和されていきます。また月経前症候群も緩和されるといわれています。

ページトップへ